ファミリー・サポート・センター事業とは?

厚生労働省の「地域子ども子育て支援事業」として、実施されています。

地域の中で、子育ての手助けをしてほしい人、子育てのお手伝いをしたい人を会員として、一時的な子どもの預かりの援助をする事業です。

そのマッチングや調整、スムーズな活動のためのサポートをするのが「ファミリー・サポート・センター」です。

糸島市ファミリー・サポート・センターって?

子育ての援助をしてほしい人(おねがい会員)子育ての援助をしたい人(サポート会員)が会員となって、子どもの預かりなど、一時的な子育てを助け合う有償ボランティア事業です。(糸島市ではH30年10月より運用開始予定)

いとしまファミサポの仕組み

いとしまファミサポ 活動の仕組み

援助活動の依頼の連絡や調整をするのが、「いとしまファミサポ」です。

サポート会員とおねがい会員の交流も大切にします。

 

こんなときに利用できます

乳幼児を連れて出かけにくい時

上のお子さんの授業参観や通院など

保護者の病気や冠婚葬祭等の急用時

子育てから離れてリフレッシュしたい時

放課後や放課後児童クラブの後 

保育園や幼稚園の送迎

習い事への送迎

など、どんな理由でも利用ができます。


会員の種類と登録について

おねがい会員

糸島市内在住または市内に勤務の方

おおむね生後3か月~小学6年生までのお子さんがいる方

利用方法などの説明を受け、会員登録をした方

おねがい会員登録会の日程を確認する

サポート会員

糸島市内在住で20歳以上の方、糸島市内で援助活動が可能な方

性別・資格は問いません

いとしまファミサポが実施するサポート会員講習会(10時間程度)を受講・修了した方 

サポート会員講習会の日程とカリキュラムを確認する

どっちも会員

おねがい会員・サポート会員両方の条件に準ずる方

 

 

利用するには

糸島市ファミリー・サポート・センターへの会員登録が必要です。

会員の資格を満たす人であればどなたでも登録できます。

登録には、おねがい会員は会員登録会への参加、サポート会員は講習会の受講が必要です。

登録後、利用の際にはセンターへお電話ください。初めての会員同士の場合のみご利用前の顔合わせが必要です。

サポートの利用の流れ

利用料金(子ども一人につき)

曜日と時間 1時間当りの料金 1時間を超えた場合
(15分当り)

月曜日〜土曜日(祝日を除く)午前7時〜午後7時

600 150

月曜日〜土曜日(祝日を除く)午後7時〜午後10時

800 200

日曜日・祝日

(12/31~1/3含む)

800 200

各施設への送迎

上記料金に加え、1回100円  

 

*入会金・年会費は無料です。

「子どもと会った時から子どもと別れるまで」を、時間として計算します。

複数の子ども(兄弟姉妹に限る)の相互援助活動を行う場合、2人目以降につき、上記の額の2分の1で算定します。

最初の1時間までは、それに満たない場合でも1時間とみなします。

送り迎えを行う場合、上記利用料金のほか1回につき100円を追加します。送迎にかかる経費は実費相当を負担します。

病児の預かり、緊急(申込当日)の預かり、宿泊での預かりはありません。 

利用料金は、おねがい会員がサポート会員に直接支払います。

【その他】

万が一の事故に備え、災害補償保険に加入します。(保険料はいとしまファミサポが負担します)
援助活動の前に、おねがい会員とサポート会員双方の顔合わせや事前打ち合わせをします。
預かる場所は、原則サポート会員の自宅です。サポート会員・おねがい会員双方の合意があれば他の場所でも可能です。

所在地

一般社団法人糸島市ファミリーサポート

〒819-1392

糸島市志摩初30 糸島市交流プラザ志摩館3F 
相談窓口/月曜~土曜 10時~17時

メール info@itofamisapo.com

TEL 092-332-8717